歩いて健康促進!あなたは一日どのくらい歩いていますか?

歩いて健康促進!

健康

歳を重ねると歩く回数が減ってくるかと思います。

 

今では世の中も便利になり、移動手段も昔と比べて楽に、早くなりましたね。

 

現代人は歩くことをしなくなり、それが健康に悪い原因となってしまっているのです。

 

ここでは、歩くことで得られる効果をご紹介します!

 

健康

 

歩くことで得られる8つの効果とは!?

 

歩くことは健康に良い理由として、7つの効果があります。

 

  • 1つは、循環器系成人病の予防効果。

 

歩くことで自然と体内に酵素を取り入れることができ、血行促進に繋がります。

 

血行を促進することができれば、心臓にかかる負担も減少し、体内の循環器系をスムーズに活動させることが可能です。

 

このことにより、循環器系成人病の予防効果が得られ、健康に良いと言うことが言えるのです。

 

  • 2つ目は、悪玉コレステロールを減少させる効果。

 

悪玉コレステロールは一度は耳にしたことがあるかと思いますが、この悪玉コレステロールが体内に多いと様々な病気や体調不良を引き起こしてしまいます。

 

歩くことで悪玉コレステロールと相対する善玉コレスレロールを増やすことができるので、体調不良や病気がちの方は、歩くことが最良の健康方かと思います。

 

  • 3つ目は、糖尿病を予防する効果。

 

糖尿病は血糖値が上昇してしまうとなりやすいと言えれています。

 

歩くことで血液中のブドウ糖を筋肉細胞に取り入れることができ、これにより血糖値が下がる効果があるので、歩くことは糖尿病の予防となります。

 

  • 4つ目は、心肺機能の向上効果。

 

歳を重ねると少しの運動でも息が上がってしまうものです。

 

これは心肺機能が低下している為起きてしまうもので、心肺機能が低下し続けてしまうと健康上大変危険です。

 

その為、少しでも歩く習慣を付けると心肺機能の向上が見込め、体力を付けることができます。

 

普段運動を行っていない方が急な運動をすると、より身体に負荷がかかってしまうので、歩くと言う簡単な運動が一番効果的かと思います。

 

  • 5つ目は、骨を丈夫にする効果。

 

歩くことで骨を丈夫に保つことができます。

 

骨は使用しないとどんどんカルシウムが減っていってしまうので、骨粗しょう症などの重大な病気にもなりかねません。

 

骨の強化や予防の為にも歩くことが大事となってきます。

 

  • 6つ目は、ストレス解消効果。

 

歩くことで、体内にセロトニンと言う精神安定物質が分泌されます。

 

現代社会においては誰もがストレスを感じているかと思います。

 

歩いてストレスうをうまく解消することで、日々の生活にゆとりを持たせることが肝要かと思います。

 

  • 7つ目は、ダイエット効果。

 

運動がダイエットに効果的なのは皆さんご存じかとは思いますが、歩くことで代謝が促進され、ダイエットにも十分な効果を発揮できます。

 

真剣にダイエットをしたい方は、食事制限だけでなく、運動もしっかりと取り入れてダイエットを行いたいですね!

 

以上が、歩くことで得られる7つの効果です!

 

ご紹介した効果以外にも歩くことで得られる効果は沢山ありますので、健康体を目指しているのであれば、歩くことを意識されると良いかと思います(^^)/

 

健康

 

まとめ

 

健康には歩くことから。

 

簡単そうですが、普段から意識していないと人間は怠けてしまうもの。

 

まずはあなたの健康に対する意識改革をして、歩くことの重要性を理解することが肝要です。

 

健康は一日してならず。あなたの日々の積み重ねが健康な身体を作ります。

 

今日からでも構いません。気づいた時から少しづつ初めて行きましょう(^^)/

 

健康